お知らせ

看護師募集

北本通り内科クリニック

地図

お車でお越しの方へ

〒115-0042
東京都北区志茂5丁目4-7
メゾンダジュール1F

Tel:03-5249-3133
Fax:03-5249-3132
南北線「赤羽岩淵駅」「志茂駅」
各徒歩6分

健康診断インターネット予約

午前 ×
午後 × × ×
  • ※午前…9:00〜12:30
  • ※午後…15:00〜18:30
  • ※●…9:00〜12:30
  • ※受付時間は診療終了15分前
  • ※土曜日は糖尿病専門医が不在になります(H28年10月より、隔週土曜日、糖尿病専門医の診療を開始いたします。詳しくはお知らせ欄をご覧ください。)
  • ※糖尿病・甲状腺疾患でご受診の場合は院長の坂田が診察致します。土曜日ご受診の際は坂田が不在の場合もございますので、お知らせ欄で日程をご確認下さいますようお願い致します。

休診日:金曜・祝日

花粉症外来

花粉症外来アイコン 花粉症外来

2015年春の花粉は飛散量が多いと予想されています。
早めの治療が大切で、1月下旬から飲み始めるのが有効的です。

  • ①1月下旬ごろから飲み始めるのが有効的です。
  • ②症状・生活スタイルにあったお薬(内服薬・点鼻薬・点眼薬)を処方します。
  • ③長期処方につきましてもご相談ください。
  • ⑤ジェネリック薬(後発品)についてもご相談ください。

早めの治療が有効で、1月下旬から飲み始めるのが有効です。

早めの治療が有効で、1月下旬から飲み始めるのが有効です。

スギ花粉は毎年1月から飛散が予想され、例年2月~3月がピークを迎えます。
つらい花粉症で毎年お悩みの方や、気になる方はお早めにご相談下さい。
一般的に花粉症治療に用いられている「抗アレルギー薬」をスギ花粉の飛散が開始する1月下旬ごろから飲み始めます。 点鼻薬や点眼薬の併用も有効的です。

患者様の症状、生活スタイルにあったお薬(内服薬・点鼻薬・点眼薬)を処方いたします。

患者様の症状、生活スタイルにあったお薬(内服薬・点鼻薬・点眼薬)を処方いたします。

花粉症の薬、アレルギーの薬といっても、その種類は数多くあります。
『眠気を伴いますが、比較的即効性が期待できるもの』から、『1日1回の服用で眠気はほとんど感じないもの』までいろいろあります。
お薬の作用には個人差もありますので、 「症状」や「生活スタイル」に合わせて処方いたします。 また、以前に飲んだことのあるお薬やその量が分かれば、お薬手帳等をご持参して下さい。効果や眠気はどうだったかなどを一緒に確認させていただきます。

長期処方につきましてもご相談ください。

長期処方につきましてもご相談ください。

お忙しい患者様の通院によるご負担をできるだけ減らすために、長期間の処方のご要望にも対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ジェネリック薬(後発品)についてもご相談ください。

ジェネリック薬(後発品)についてもご相談ください。

花粉症のお薬は、花粉シーズンの間、数か月にわたって内服することになります。
ジェネリック薬(後発品)のあるお薬を紹介することもできますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ